暑い夏、寒い冬のエアコン代を抑えるコツ

夏冬の電気代の大半を締めるエアコンの電気代は、風向きやスイッチのオンオフの仕方で簡単に節約できます。

風向きは夏は水平、冬は下向きに。これは、冷たい空気は下に、暖かい空気は上にたまる性質があるためです。部屋全体に心地よい空気を行き届かせるためにはサーキュレーターや扇風機を使うのもおすすめです。

窓のカーテンを開けたままにせず閉めた方が最適な室内の温度を保ちやすく、外気や日当たりをカットする機能性カーテンを使うと効果はアップします。

エアコンが一番力を使うのは、スイッチをオンにした時。冷やしたり温めたりするまでに一番電力を使います。節電のため…と思って、一日に何度もスイッチのオンオフを繰り返していると返って大量の電力を消費してしまいます。オンオフをせず、部屋の温度や体感温度と相談しながらこまめに温度設定を変えて、風量を自動運転にすることで消費電力を抑えることができます。

見落としがちなのがフィルターの汚れです。毎日全力で活動しているエアコンは、室内のほこれや汚れをたくさん吸収しています。週末の掃除と合わせてやる等、日常の掃除のついでにフィルターもこまめに掃除をしましょう。

どの方法も難しくなく、思いついた日からすぐにできることばかりです。ぜひお試しください。